快眠マットレス

【低反発マットは要らない】最適なマットレスとは?良質なマットレス10選

Pocket

低反発マットはもう卒業。

みなさんは、マットレスにこだわりは持っておられますでしょうか。

マットレスにも色々な種類がありますが、低反発マットレスが肌に合わないと感じられている方も少なくないのではないでしょうか。

ここでは、低反発以外のオススメのマットレスについてご紹介したいと思います。

本記事の内容

・マットレスのメリット

・マットレスを選ぶ基準

・おすすめのマットレス10選

現在使っているマットが合わない、買い替えを検討している方の参考になれば幸いです。

<質の良い睡眠生活で豊かな人生>

こちらのボードをフォローしていただくと、睡眠に役立つ情報をチェックすることができます。

PIN

マットレスのメリットについて

寝心地の良い眠りをサポートしてくれるのがマットレスです。

布団のように上げ下ろしをする必要がなく、疲れたらすぐ横になれるメリットもあるので大変人気があります。

マットレスは、布団に比べて耐久性が高いのが特徴です。

特にスプリングタイプには10年以上使えるものもあります。

布団のように毎日上げ下ろしをする必要がなく、通気性が良いので布団ほど頻繁に干さなくてもよく、手入れが簡単です。

このように、マットレスには布団にはないメリットがあると言えるでしょう。

マットレスを選ぶ基準について

マットレスのサイズ選びを間違えると寝ている間に窮屈な思いをするかもしれません。

色々なサイズのマットレスがありますが、選ぶ基準としては身長プラス20cm~25㎝の長さ、肩幅の3倍程度の横幅が理想的なサイズです。

また、一般的なマットレスに使用されているスプリングは主に3種類で、それぞれに特徴があります。

スプリングの種類によって耐久性や機能性、お手入れのしやすさなどが異なるだけでなく、寝心地の良さも大きく変わってくるので、特性を知っておくことが重要です。

 

おすすめマットレス10選!

様々なマットレスがありますので、快適な睡眠を得るためには自分の好みに合ったマットレスを選ぶのが一番です。

ここでは、おすすめマットレス10選をご紹介したいと思います。

①雲のやすらぎプレミアム


公式ホームページはこちら>>>『雲のやすらぎプレミアム』 マットレスタイプ

雲のやすらぎプレミアムは「寝心地」「反発力」「腰への負担のどれもレベルが高く、5層構造のスペックは想像以上でしょう。

高反発マットを体圧分散に優れた2枚の凹凸アルファマットで挟んでいますが、これが程よい硬さで体に負荷がかからないように寝姿勢も保持されます。

また、適度な温度を保つ高級羊毛ローレヌダウン、防ダニ・抗菌・防臭の先端素材マイティトップⅡも睡眠の質もさらに向上させてくれるのです。

②コアラマットレス

公式ホームページはこちら>>>最高の睡眠を追求するコアラマットレス!

コアラマットレスは、低反発と高反発のウレタンを組み合わせた構造となっています。

中心には衝撃吸収材を仕様していますので、柔らかめが好きな方にはオススメです。

耐久性も外部機関で6万回圧縮試験済となっていますので、品質は確保されていると言えるでしょう。

③「純」高反発マットレス

 

さまざまなマットレスを手掛けるタンスのゲンの、リーズナブルながら品質も重視したマットレスです。

睡眠時の体をバランスよく支えてくれるので、腰痛持ちの方や寝つきが悪い方でも使いやすいのが魅力です。

また、純という名前のとおり、建築基準法で規制された7つの物質を一切使用しておらず、ウレタン特有の嫌なにおいがほぼないのも強み。

厚みも10cmと十分なので、ベッドと敷き布団のどちらにも使えるのが特徴です。

④三つ折り 高反発マットレス

硬さは190Nとかなり硬めで安定感があり、体の大きい方にもおすすめです。

腰回りなど重くて負荷がかかりやすい部位も、持ち上げるようにやさしく支えてくれるでしょう。

10cmと十分な厚みや、収納しやすく立てかけられる三つ折りタイプなのもポイントです。

⑤ボンネルコイル マットレス

 

一般的なマットレスは反発力を占める指標が67程度ですが、このマットレスは指標が72と高い反発力が特徴です。

コイルの上には不織布・2層のハードフェルト・ウレタンなどで分厚いキルティングが施されており、コイルの硬さが体に伝わりにくいのがポイントです。

厚さも17cmとボリュームがあります。

⑥ポケットコイルマットレス

 

表面に伸縮性のあるニットを採用し、コイルの上に厚さ2cmのウレタンフォームを2枚入れることで、ふんわりとした寝心地を追求したマットレス

厚さも約20cmで、体をしっかり支えます。

⑦高弾性マットレス

 

低反発と高反発のいいとこ取りともいえる、高弾性が特徴のマットレスです。

その特徴は50%超と高い反発弾性率で、それにより非常にスムーズに寝返りできるように工夫されています。

 

⑧トゥルースリーパー プレミアム

トゥルースリーパーシリーズの上級モデルです。高価な物には理由がある。

低反発素材のウルトラヴィスコエラスティックを使っており、手で押し込むと手形が残るほど。

柔らかいにもかかわらず、体の形に沿って全身をしっかり支えてくれる構造です。

 

⑨Inofia マットレス クイーン ベッド 高反発マットレス 

無理のない自然な姿勢で朝まで快適に眠れます。

底付きしにくく極厚22CMのマットレス。また、ボリュームのある20MMの高密度ソフトウレタンも使用しており、普通のマットレスが比べられないふんわりとした感触を体験できます。

※ご購入後10年のメーカー直営品質保証。

⑩プロファイル加工 高反発マットレス

表面を波状にするプロファイル加工が施された、凸凹した高反発ウレタンフォームの中材を使用しています。

この加工のメリットは体を点で支える構造で、縦の力を横へ受け流して分散すること。

さらに通気性のよさも強みです。190Nの適度な硬さ・98%以上の復元率・消臭加工もうれしいポイントです。

まとめ

ここまで、様々なマットレスについてご説明をさせて頂きました。

みなさんが快適な睡眠を得るために、この記事が少しでもお役に立つことができれば幸いです。

【マットレス】朝まで熟睡できるおすすめマットレス10選寝具によって快適な睡眠を得ることができるかどうかが変わってくると言われていますよね。 でも、どのような寝具を選んだら快適な睡眠を得...
【アロマ】眠前のサポート!効果的なアロマでぐっすり眠りたい >>> グッドデザイン受賞!神山杉のカップ&熟睡のための杉アロマ【SHIZQ 神山しずく】 なぜアロマがおすすめなのか? ...